古今東西音楽館増築部

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
アボンリーへの道
 訳あって,十数年ぶりにカナダのTVドラマ「アボンリーへの道」を見直している所。最初に見た時には気付かなかった音楽やダンスの使われ方が,くっきりと見えるようになっていました。例えば子供たちの歌う童謡。男が突然弾き出すフィドル。ホテルや広場で踊られるダンス。
 お,アイルランドのフィドル・チューンを弾いてるじゃん。今のダンスはアイリッシュ・ダンスぽいぞ。さっきの子守歌ってウェールズの出自だったっけ・・・。などとね。

 舞台は今世紀初頭,カナダ東岸のプリンス・エドワード島。「赤毛のアン」の姉妹編なので登場人物も重なってる。田舎も田舎。電話も自動車も,穏やかで平和な生活と便利だけれど慌しい生活の葛藤としてドラマのテーマになるほどの。
 タータン・チェックのスカートが出て来るのを見て,みんなスコットランドからの移民だと思ってたら,どうもスコティッシュ・アイリッシュの可能性が高いんですね。英国教会と相容れず北アイルランドへ移民していたプロテスタントで,さらにアメリカ大陸へ移民した人達をそう呼ぶのですが,敬虔なアボンリーの人達の多くが長老派。長老派は16世紀にスコットランドの国教になってるんで。
 やはり西洋人の生活の根底には宗教的な部分があるんで,その辺を理解して見るとドラマの深い部分がより楽しめますな。エラそうなことが言えるのもこの十年で少しは勉強したってことですね。(笑)
| gingerpop | TV, movies | 12:18 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:18 | - | - |









http://gingerpop.jugem.jp/trackback/45
海外ドラマその2
 私の大事にしている海外ドラマをご紹介します。アボンリーへの道です。昨年深夜NHKで放送されていたこちらのドラマ原作は赤毛のアンの作者モンゴメリ。赤毛のアンマニアの私にはたまりません。   深夜偶然つけたチャンネルに映っていたのはとにかくすば
| Make a Wish!! | 2005/05/31 6:50 PM |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE