古今東西音楽館増築部

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
踊ろよBABY!/六本木ネネ
六本木ネネ踊ろよBABY!!/六本木ネネ
ビクター VICL-8026(1991)

 「昭和歌謡」なんてのを最近よく目にしますね。この大雑把でベンリな括られ方のラベルを目にするようになってどの位経つでしょう。そう古い話ではないと思います。かつての「懐メロ」と同じようで違っているようで。若い皆さんは今の流行歌とは別の魅力を持った音楽として新鮮な気持ちで聞いているみたいだし,「昔風の新作」が作られている点が大きな違いですね。

 「昭和歌謡」はどのあたりの音楽を指すんでしょうか。「懐メロ」の印象は戦前の歌かせいぜい昭和30年代前半まで。洋楽のオールディーズの翻訳モノもかろうじて含めたとしても,昭和40年代に花開いた和製ポップスはごく一部の愛好者を除いて長い間見向きもされてなかったはずです。70年代のディスコ,80年代のニューウェーブの傍流,或いは一時的なGSブーム等のごく一部。で,どうも「昭和歌謡」はここを起点にその前後へと枝を伸ばしているような気がします。
 西洋風のビートとリズムやメロディが和風の味付けで歌われる「和製ポップス」。「昭和歌謡」に比べてずっと甘美な響きを感じてしまうのは,その時代を知っているからでしょうか。六本木ネネは「昭和歌謡」なんて何処吹く風とばかりに自分の趣味の赴くままに我がCDプレイヤーを占領し続けています。

 やっと本題。下のタイトルを歌ってた歌手,何人言えますか。

01.どうにもとまらない
02.夏の夜のサンバ
03.白い蝶のサンバ
04.絹の靴下
05.恋の奴隷
06.太陽の彼方へ
07.太陽は泣いている
08.真っ赤な太陽
09.涙の太陽

 いかがですか。順に山本リンダ,和田アキ子,森山加代子,夏木マリ,奥村チヨ,藤本好一(アストロノウツ),いしだあゆみ,美空ひばり+ブルーコメッツ,エミー・ジャクソン。一番だけなら全部歌えるという人もいるんじゃないですか。(^_-)/同士よ!

 なんだかんだ言うよりブックレットの素敵なお姉様の写真をご覧下さい。1991年のリリースですが,この格好でライブ活動やってたんでしょうか。一度は見ておきたかった。達者な歌です。数あるカバーの中でも直球勝負のダンス・ナンバーとして最高に楽しめます。
六本木ネネ
 謎に包まれた六本木ネネの正体をずっと知りたいと思っていたら,数年前,NHK のお昼のトーク番組「スタジオ・パーク」で見てしまいました。この奇跡と言うべき偶然を何に感謝いたしましょう。飽きっぽい女優さんの瓢箪から出た駒だったのです。なんだか秘密にするのが暗黙の了解みたいなんで黙っておきますね。では。
六本木ネネ
| gingerpop | rarities | 02:00 | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 02:00 | - | - |
昭和歌謡ってのも、物凄い大雑把なくくりですよねえ。昭和5年と昭和60年とじゃ、もう、とんでもなくかけ離れた世界だぞ(^o^;
何しろ長い昭和時代だから、人それぞれに捉え方も違うでしょう。私の場合、大正末期から第2次大戦の終わりあたり、あがた森魚が「ああ無情」で描いたあたりが、ほぼ昭和のイメージなんだけど、今、話題になっている「昭和歌謡」の舞台はその後、高度成長期あたりのイメージなのかなあ?
演じているのも、その受け手たちも、私なんかよりずっと若い世代であるし、なんとなく、”ちょっと前に過ぎ去った、面白いかもしれない野生時代”って軽い意味で使っているんでしょうね。まあそんなもの、明確な定義とかギンギンになって決めて世界を狭苦しくする必要もないですが。
ご紹介の”六本木ネネ”は初耳でしたが、収録曲中、01〜05の曲目と、06〜09の曲目は歴然と違う時代に属する、とか無駄に力みたくなってしまうリアルタイマーたる私であります(まあ、制作側もそれを感じているから前半と後半に分けているのでしょうが)
とりあえず私が聞いたら、後半にはこだわらずにはおれんでしょう。そうか、それも私の”昭和”か。
まとまらない話で恐縮です。
まあ私としても、「俺はやっぱりチキンライスがいいや♪」って歌の真似して「俺はやっぱり”和製ポップス”がいいや」とかボソボソ言いつつ生きて行くしかないってとこですな。
| マリーナ号 | 2005/01/28 12:32 AM |
筒見京平、という巨きな存在がひとつのキーワードになりませんでしょうか<昭和歌謡。この作曲家のことが Fbeat あたりで盛り上がっていたのが1990年代もどん詰まりのころで、「昭和歌謡」という語が一般的になったのは今世紀に入ってから、という風なイメージを(漠然と、ですけど)持ってます。古くても昭和30年代(奥村チヨとか)あたりが上限? だとすると40歳代以下の世代の「懐メロ」になるんでしょうかしらん。
ううむ。このあたりの考察、続編も期待してます〜(^_^)/
| とんがりやま | 2005/01/28 12:40 AM |
昨日、書き忘れた締めの一言。
まあ結局、”かってベタな受けかたをした音楽の再演”の側面を基本に持つ”昭和歌謡”ですからね。よほど繊細な感性を持って事に当たらなければ、単なる浅い受け狙いの宴会芸に堕ちてしまう危険を大いに孕んだ音楽といえるでしょう。
そして残念ながら、私が今までに出会った”昭和歌謡”って、今のところ、安易な宴会芸の域を出るものではなかった。”六本木ネネ”は未聴なので、どのような具合か分かりませんが。
(そして、”やっぱり俺は和製ポップスがいいや”に続くわけですな。これで意味が通るかと)
| マリーナ号 | 2005/01/28 7:54 PM |
>マリーナ号さん
私の「昭和歌謡」感も似たようなものです。そんな気持ちを匂わせたくてネネさんを取り上げたんですが,中年の脇役女優さんですから「昭和歌謡」って意識はないでしょうね。爆走カラオケ10曲切り!って感じです。好きだから歌う,商売のあざとさのない潔さが気持ちいいんです。おかげで当時まったく売れなかったそうで。<あ,しまった。歌う女優シリーズにするの忘れてた。(爆)

> 01〜05の曲目と、06〜09の曲目は歴然と違う時代に属する

鋭い指摘です。音楽的な事はスタッフ任せだったそうですが,そんな意図があったとして,さらにそれを引っくり返すように,10曲目で9曲のキメのフレーズを年代無視の混ぜこぜメドレーで歌ってます。ザ・チェイス@黒い炎ばりのブラスロックでね。

>とんがりやまさん
ああ,一般的になったのは今世紀に入ってからですか。筒見京平というと「歌謡」よりは「ポップス」の感じが強いんですけど,今の人にはそうなんですかね。キーワードということで連想すると阿久悠になりましょうか。ピンク・レディーあたりもまだ「歌謡」には入らないんと思うんですが,これは都倉俊一だっけか。「このあたりの考察、続編も期待」なんて言わないで下せえ。「考察」ほど苦手なものはないんですから。(笑)
| わたなべG | 2005/01/29 1:27 AM |
六本木ネネこと深浦加奈子さんが亡くなられて、昨日おわかれの会がありました。小泉今日子さんが泣くのをこらえて弔辞を読まれました。ご報告まで。
| HIRO | 2008/09/26 12:35 AM |









http://gingerpop.jugem.jp/trackback/57
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE