古今東西音楽館増築部

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
Whiskey In The Jar
whiskey in the jar<これはシングル盤
by Metallica from the album "Garage Inc."1998

自分の好きな歌をちょっくら日本語で楽しんでみるコーナー。"Whiskey In The Jar"です。アイルランドのパブ・バラッドのくせにちょっと変わった筋にも名の知れている歌なんですよ。

 昨今のアイリッシュ音楽好きの増え方を見ても,楽器演奏・ダンスまでは来ても歌を歌おうなんて人はまだまだ少なくて。髪の長い麗しい女性がハープを弾きながら美しい声で歌うのを聞いてこの道に分け入った者としては,少しばかり淋しい。ましてや酒場で酔っ払いががなりたてて歌うパブソングの類を一緒に歌おうなんて酔狂な奴もいない。そもそも現地では誰でもが知っている歌がわざわざCDなんぞになることは決してないので,誰も知らず当然話が通じない。それがこの曲はヘビメタ好きの間でけっこう知名度が高い。あああの曲ねと話が展開する。なんでだ?(笑)

 最近70年代ロックの掲示板なんかで,テイスト(Taste)やシン・リジー(Thin Lizzy)がブリティッシュ・ロックじゃない(厳密には)などとしたり顔で書き込んでいる若造がおるのですが,何が(厳密には)だい。当時はみんなブリティッシュ・ロックだったのさ。あ,ご存知ない方の為に書いておきますと,どちらもアイルランドの出身ということなのですが。

 そのシン・リジー,まだ人気を得る前の1972年に出したシングルが英国でえらくヒットしています。それがこの"Whiskey ..."なんですが,日本で出てたのかな。アルバムは聞いてたんですが記憶にございません。CDの時代になって「おや,こんなことやってたのか」と微笑ましくベスト盤など聞いて知ったのです。もともと綺麗なメロディの多かったバンド,ギターのフレーズなどに今だからこそ分かるそこはかとないアイリッシュ風味が乙ですな。余興で出してみた曲が思わぬヒット。それで順風を受けて満帆になったという気がいたします。
 テンポを落し8ビートに乗せて印象的なギターのリフを付けて一丁上がり。小気味の良い演奏と歌です。多くのロック小僧に影響を与えていたシン・リジーですが,それをメタリカがカヴァーしてたってのが楽しくて,今回取り上げてみることにしました。

♪びんにはいったうぃすきー

名高いケリーの山を越えていた時のこと
ファレル様が儲けの御勘定の真っ最中
俺はピストル構え刀を抜いてこう言ったのさ
立ち上がって差し出しな この不敵な詐欺師様に

まっしゃりんだまどぅーだまだー
わっくふぉーざだでぃーおー
わっくふぉーざだでぃーおー
びんにはいったうぃすきー

数えてみるとかなりの大金
ポケットに詰め込んでジェニーの待つ家へ
ジェニーは誓ったものさ 俺を決して裏切らないと
けどよ女の言うことは当てにならねえ よく魔がさすしな

俺は部屋でひと眠り 安心し切ってお宝の夢
だがよジェニーの奴 俺の鉄砲玉に水を詰め
そしてファレル様をお呼びだ 虐殺の準備完了と来た

旅支度が整った早朝に ファレル様と手下共に囲まれた
俺はピストルを構えた 刀はジェニーが持ち逃げさ
だがよそれは水鉄砲 おかげで俺は捕らわれの身

助けてくれる奴がいるとしたら 戦友の相棒さ
もしコークかキラニーの奴の居所が分かったら
もし奴が助けに来てくれたなら
一緒にキルケニーをうろつこうぜ

誓って言うが 奴の方がカワイイ売女のジェニーよりずっとマシってもんさ


 これは後半がはしょられた短いバージョン。長いものを聞くと,捕まった後牢屋に入れられて脱獄しちゃったりもするんですが,その方が一人で山をさ迷いながら戦友の顔を思い浮かべてぼやいてる感じが出ていいですな。それにしても西部劇のチンピラ物語が思い浮かぶような歌です。キャプテン・ファレル氏とは誰で,どーして山の中で金勘定してなきゃならないのか今もって不可解な部分の多い歌です。あと,謎かけみたいな言葉遊びみたいな教訓みたいな連が最後にくっついていたりするバアージョンも見かけてはいるんですが,くどくなるのでこの辺で。
| gingerpop | folk music | 00:00 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:00 | - | - |
sdasad
dfs
sdffdsds
| asd | 2006/03/24 8:13 AM |









http://gingerpop.jugem.jp/trackback/63
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE